即日融資ですぐに借りれる可能性が高いカードローンを検証したら結果はプロミスで借りたらすぐでした

すぐ借りれる条件では申込んだその日に借りれる即日融資というものを検証していかなければなりません。即日融資の方法では、

 

  • 即日振込
  • 即日カード発行してキャッシング

この二つの手段ですぐ借りるしかありません。ですのでこの二つの手段でプロミスがいかに即日融資に優れているのかを検証します。

即日振込はプロミスは曜日・時間関係なしに振込可能なサービスがある

振込融資は銀行間の提携がややこしい銀行カードローンは余り力を入れていません。全金融機関に振込融資可能な銀行カードローンはほんの数行で、振込サービスのないところと自行口座のみ振込融資可能なところがほとんどです。

 

しかも即日振込可能な銀行カードローンの場合、即日振込可能な時間は平日正午までの契約・振込手続き完了という条件になります。


その点大手消費者金融であれば、どの金融機関にも振込融資が可能ですし、

 

即日振込可能な時間は、平日14:00までにオンライン契約完了と長目の可能時間になっています。


しかし如何に大手消費者金融といえど、平日以外の金融機関の休業日には振込融資は不可能になっています。しかしプロミスであれば、

 

平日に限らず24時間365日最短10秒で振込可能瞬フリサービスがあり、

  • 三井住友銀行口座
  • ジャパンネット銀行口座

いずれかであれば登録する事で利用可能ですので即日振込の可能性がグンと高まります。


即日振込では断然すぐ借りれるのは分かりました?プロミス

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

プロミスで借りたら初回30日無利息サービスが付いていてお得でした!
プロミスの融資スピードは業界最速といっても過言ではありません。審査時間は最短30分で、平日14:00までに契約完了で、手持ちの銀行口座に昨日振込も可能です。さらに三井住友銀行ジャパンネット銀行のいずれかの口座であれば、会員サイトで口座登録することにより、24時間365日最短10秒で振込融資可能な瞬フリサービスもあるのでカードローン業界でも一歩リードしていると言えるでしょう。
すぐにカード発行したい場合も自動契約機が全国に多数設置されています。契約完了すれば22:00まで(一部21:00まで)店舗が利用でき、店舗数も業界最多ということなのでこちらでもカードローン業界で一歩リードしているといえます。
※ メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 最高500万円

即日カード発行してキャッシングするのにプロミスは自動契約機台数とATM台数に圧倒的差があります

振込融資が可能な時間を過ぎてしまった場合や、土日祝日などの金融機関の休業日の場合は、自動契約機でカード発行するのが残されたすぐ借りれる唯一の方法です。

銀行カードローンで自動契約機を持っているところはほとんどありませんので、これも大手消費者金融の得意分野ということになりますが、自動契約機の営業時間などは各社ほとんど差はありません。ここで何がプロミスが優勢かというと、

 

自動契約機の設置台数が圧倒的に多く、そのほとんどでATMを併設しているのでその場ですぐ借りれるのです。


土日祝日もすぐ借りれる?プロミスの即日融資は伊達じゃない!

土日祝日に即日融資ですぐ借りれるカードローンは限られてきます。

 

まず銀行カードローンは審査の際に反社会勢力チェック(警察庁のデータベースを参照)しなければならなくなった為完全に即日融資が不可能になりました。


大抵の銀行カードローンは振込融資が不可能ですし、自動契約機も持ち合わせていませんので、もともとから即日融資には不向きでした。それに輪をかけて完全に即日融資が不可能となれば、土日祝日でも即日融資可能なカードローンということになると、大手消費者金融に限られてきます

大手消費者金融の土日祝日でも即日融資ですぐ借りれる度をチェック!

土日祝日の即日振込で大手消費者金融を比較

土日祝日は金融機関の休業日となっていますので、大手消費者金融でも基本振込融資は不可能です。しかし、銀行との特別な提携がある大手消費者金融では、その枠を超えて土日祝日でも振込融資が可能になっています。銀行と提携して土日祝日でも振込融資が可能なのは、プロミスとアコムです。

プロミスの土日祝日の即日振込の条件と方法

プロミスは三井住友銀行とジャパンネット銀行と提携しており、瞬フリという振込サービスを展開しています。これにより土日祝日でも24時間365日最短10秒で振込融資が可能になります。条件は、

 

三井住友銀行・ジャパンネット銀行のいずれかの口座をプロミスの会員サイトで登録すれ瞬フリの利用が可能になります。


アコムの土日祝日の即日振込の条件と方法

アコムは楽天銀行と提携しており、24時間365日最短1分で振込融資可能なサービスを展開しています。これを利用する条件は特にありませんが、

 

メンテナンス時間は利用不のとなりますので、アコムと楽天銀行のメンテナンス時間には注意が必要です。


土日祝日の即日カード発行で即日融資可能な大手消費者金融を比較

大手消費者金融であれば、どのカードローンでも自動契約機(カード発行機)を持っていますので、審査・契約が完了すれば最短即日融資が可能ですぐ借りれます。ただ問題となるのが、

 

その自動契約機って私が行ける距離にあるのかしら・・・


という『近くにあるのか?』『いけるところにあるのか?』という問題が発生してきます.この問題が解消するには、自動契約機のそれなりの設置台数が必要となってきます。

また、『すぐ借りれる』という意味では、自動契約機だけでなく、ATMがあることも必要条件になってきます。カード発行はできたけど、ATMがないので近くにコンビニでATM手数料を払ってキャッシングというような不細工なキャッシングはしたくないですよね。

ですので、自動契約機と専用ATMがある店舗が多いほど即日カード発行ですぐ借りれる可能性が高いということになります。

大手消費者金融の自動契約機と専用ATMがある店舗を比較
自動契約機設置数 ATM併設店舗
プロミス 約1,700台 約1,694店舗
アコム 約1,109台 約1,109店舗
SMBCモビット 約435台 なし
アイフル 約911台 約480店舗

 

上記表から見ても分かる通り、プロミスが最も即日カード発行ですぐ借りれるカードローンだという事になります。


土日祝日の即日融資は在籍確認に注意!勤務先が休みだと上記の可能性も台無しに!

土日祝日の即日振込・即日カード発行による即日融資ですぐ借りる方法と可能性を上記で解説しましたが、

 

これはあくまでも在籍会社の営業日で在籍確認が完了し、契約を済ませることができた場合の話になりますので、勤務先の休業日では話が変わってきます。


カードローンの審査は、与信の審査など申込内容と信用情報機関や保証会社(大手消費者金融の場合は自身)の情報によりある程度貸しても返済可能かどうか判断します。その上で返済可能な方には、審査の最終関門として現在も返済源である給料が支払われているかどうか(在職中かどうか)を確認するために、会社に確認を電話をする在籍確認という確認作業があります

 

勤務先が休みの場合、この在籍確認が取れず、契約が会社の翌営業日まで延期となるので、土日祝日などはこの可能性が高くなり、即日融資が不可能な場合があります。


この場合、基本会社への在籍確認の電話は必須で回避不可能ですが、一部会社への電話以外の方法で確認してくれるカードローンに申込まなければなりません。

 

そんな時もやはりすぐ借りれる可能性があるのはプロミスなのです。プロミスでは会社への電話以外の方法で確認する相談が可能なので、土日祝日の勤務先が休みの日でも契約ができ、最短即日融資が可能です。


なので最終的にも土日祝日でも最も最短即日融資可能ですぐ借りれるのはプロミスということになります。

プロミスの在籍確認が通過するための基礎知識

プロミスは申し込みをしてから最短1時間で融資可能になるので消費者金融の中でも融資スピードに優れています。借入方法も瞬フリと言われている振込キャッシングのサービスを利用すれば、すばやい振込融資にも対応しています。

 

しかしプロミスをはじめとするカードローンを利用するには在籍確認を通過しなければいけません。


在籍確認は申し込みをした時に申告した勤務先に電話をかけて在籍を確認します。在籍が確認出来たら在籍確認完了となりますが、中には勤務先に電話をかけられると都合が悪いケースや土日祝日に申し込んで勤務先が休みというケースがあります。

 

このような時プロミスの場合、申込手続きをしている時に電話でオペレーターに相談すると電話以外の方法で在籍確認をする事を提案することも可能です。


それでオペレーターが提案してきた方法で在籍確認が行われるので、契約することが可能となりお金を借りる事が出来ます。

プロミスの在籍確認が行われるタイミングは?

プロミスの在籍確認は基本的に審査中に行われます。全ての与信審査が終わり、返済能力が確認できたところで最終の確認事項となります。

 

申込手続きをした後にオペレーターから申込内容の確認の電話がかかってきます。


それで審査が開始されて在籍確認が行われますが、オペレーターに在籍確認をするタイミングを相談する事も可能です。希望している時間帯を伝えると、最大限配慮してくれて伝えた時間に電話を掛けて在籍確認をしてもらうことも可能です。

プロミスの在籍確認の電話は実際どのように掛けられるのか?

プロミスから電話が掛かってくる時は、

 

プロミスの社名を出さないで担当者の個人名で名乗るので勤務先にプロミスでお金を借りる事がバレる事もありません。


アルバイトやパートの場合のプロミスの在籍確認は?

 

プロミスは利用条件が20歳以上で安定した収入があり返済能力がある人となっているので該当していれば正社員以外の人も利用する事が出来ます。


それによりアルバイトや派遣でも利用する人がいますが、在籍確認の電話がどこにかかってくるのか不安な人も多いでしょう。アルバイトが利用する時に在籍確認の電話は職場であるアルバイト先に電話がかかってきます。

名乗り方はプロミスではなく担当者の個人名なのでアルバイト先にプロミスでお金を借りる事がバレる事はありません。仮にアルバイト先の人に電話の事を聞かれたらクレジットカードを作ったなど別の理由を言えば大丈夫でしょう。

派遣社員の場合のプロミスの在籍確認は?

派遣が利用する時は在籍確認の電話が派遣会社か派遣されている職場のどちらにかかってくるのか分からない人も多いでしょう。派遣社員の場合はカードローン業者によって様々ですが、

 

プロミスの場合は実際に勤務している派遣先に電話が掛かる事になります。


もちろんそれが困る場合は、所属している派遣会社に電話を掛ける事を相談することも可能です。名乗り方はプロミスではなく担当者の個人名なのでバレる事はありませんが、心配な人は事前に派遣会社の人にクレジットカードを作ったなど別の理由を言っておくといいでしょう。

プロミスの在籍確認は基本的に勤務先に在籍している事が確認出来れば通過しますが、勤務先や電話番号を虚偽の申告をしてしまうと審査が否決されてしまう最悪の場合は詐欺に当たってしまう可能性もあります。

在籍確認を手短に終わらせたい気持ちがあっても虚偽の申告をしてしまうといろいろと面倒な事になるので絶対にしないようにしましょう。また在籍確認で不安な点がある時は必ずオペレーターに相談しましょう。

金融関係の在籍確認の事を調査するなら:財務省プロミス会員ログインできない場合プロミス即日融資プロミスで借りたらすぐに借りれる

プロミスの審査に通るぞ!って意気込む前にチェックしておきたいこと

初回30日無利息サービスがある

初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があり、とてもありがたいです。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をしないと利用できなくなるので、スマホでもできるので借入前に登録しておくことを忘れないようにしてください。(会員サイトログイン後に登録できます)

メガバンクの保証会社をしている

プロミスはグループ会社の三井住友銀行のカードローンの保証会社をしています。ですので審査に関するデータを蓄積しているのでしっかり与信を審査してもらうことも可能です。

プロミスをおまとめ利用ならその旨を申込時に伝えることを忘れないでください

おまとめローンとして利用するなら希望額はそれなりに高額になってきます。そうなると、

 

プロミスの場合消費者金融ですから総量規制(年収の1/3以上は貸すことができない)に引っ掛かって審査落ちしてしまう可能性があります。


しかし総量規制には例外があり、

 

『顧客に一方的有利となる借換え』要するにおまとめローンは例外となり総量規制対象外になります。


プロミスの申し込みはフリーキャッシングのみで、おまとめローン専用の申込サイトがありません。ですのでおまとめ利用の場合は、プロミスにネット申込をした後に、しっかりとプロミスに審査の際に伝える必要があります。伝えることによって総量規制対象外で審査されることになります。

プロミスの審査と銀行のカードローンの審査

実際に利用している会員数も多いプロミスは、消費者金融の大手業者のひとつですが、当然ながら「金融業」である以上は誰でも無条件に融資を行っているというわけではありません。

キャッシングの利用をプロミス会員で申し込んだ場合、必ず「審査」を受けることになります。これは銀行でカードローンを申し込む場合と同様に、その審査に通過しなければ融資を受けることはできません。

 

この審査において最も重要なポイントといえるのが、保証会社が保証できるかという点にあります。


プロミスでのキャッシングも、銀行のカードローンの場合も、基本的には融資に際して担保や保証人は必要ありません。そのかわりに金融機関と提携している保証会社がその人の保証をすることになります。

プロミスの審査と銀行のカードローンの審査も、基本的にはこうした点は共通しており、保証会社から保証を得ることができれば融資を受けることができます。

 

違いのひとつといえるのが、審査にかかる時間です。


プロミスでは最短で申し込んだその日のうちに融資可能な状態にできる即日融資をひとつの特徴としていますが、これはプロミスが業界最大級ともいえるネットワークを最大限に駆使し、合理的かつ効率的な審査を行っているからこそ実現可能なサービスであるといえるでしょう。

それに対して銀行のカードローンの審査の場合は、早ければ申し込んだその日のうちに融資可能かどうかといった回答を受け取ることはできるものの、その日のうちに融資が受けられる「即日融資」の状態にはならない場合がほとんどです。これは銀行の審査が厳しくプロミスの審査が甘いというわけでは決してなく、違いはその審査基準であったり、実際の審査の内容だったりといった部分にあります。

いずれにしても、審査で確認されているのは、申し込んだ人に返済能力があるかどうかという点です。問題なく融資したお金が返済できると判断されれば、審査にも問題なく通過できますので、その意味でも書類などは不備がないように注意しましょう。

即日融資ですぐ借りれるプロミスで借入した体験談

賭け事に没頭してしまいました

 

借入を申込んだのはいつ頃か?

私がプロミスからお金を借りたのは平成25年の5月頃の事でした。

その時のあなたの属性職業・年収

その時の私の年収は250万程度でかなり低い年収でした。またその時の勤続年数は7年くらいでしたので勤務実績はまずまずといった所です。ですが、私が働いていたのは親がやっていた自営業の手伝いをしていた事もあって、在籍確認も自分で受け答えのような感じでお金を借りれたということもあり安易にお金をことを考えていました。

何にお金が必要だったのか?

では、どうしてその時プロミスからお金を借りる必要があったかというと、それはその時私がパチンコや競馬にすごくハマッていて生活を圧迫するくらいお金を使っていたからでした。ですから、最初は正直本当に仕方なしにプロミスからお金を借りたのですが、今思うと本当にプロミスからお金を借りて良かったと思っています。

審査に掛かった時間・日数・借入した期間など

それはどうしてかというと、私はプロミスからお金を借りようと思った時にインターネットから借入れの申込をしたのですが、申し込んでから20分くらいですぐに電話があって簡単な質問があって思った以上にスピーディーな借入れ審査でした。そして、肝心の結果ですが無事に借入れができました。そして、その時に私が借入れを申し込んだ時の借入れ期間ですが、借入れ金額がそれほど多くなかった事もあって借入れから半年ほどで全額返済しました。

その後の利用状況・借入頻度など

そして、それ以降私はお金に困る度にプロミスからお金を借りてきました。その回数は初めてプロミスからお金を借りた平成25年から数えて4回ほど借りました。そのいずれもちゃんと返済期日までに全額返済してきたので特に問題なくお金を借りれました。


毎月の借金の返済に充てるために借入

 

カラオケ店の正社員で借入してました

借入を申込んだの平成11年の夏頃で、当時はプロミスのテレビCMや広告が至るところで見かけられ駅前には必ず無人ATMがあり知名度も高く消費者金融の中では大手でしたので安心して借入しました。属性はカラオケ店での正社員で勤務6ヶ月目、給料が毎月末締めの10日払い手取りで約20万、賞与年2回月給の1.5倍で年収は約300万でした。保険証は厚生年金、父名義の持ち家一戸建てで居住年数は15年でした。

自転車操業の開始

プロミスで契約した時他社からの借入は2社融資額20万ありましたので主に交際費と生活費、そして毎月の借金の返済に充てるためでした。借入した場所は店舗兼ATMが一緒に入った国道沿いの交差点の角にあった窓口で申し込みをし、引き出す時には近くの無人ATMを利用しました。

申し込みに掛かった時間は?
  • 午後2時過ぎに来店して項目がずらりと並んだ申し込み用紙の記入に1時間
  • 本人確認のための免許証のコピー2枚
  • 口座引き落としの際に必要な銀行のキャッシュカードの口座番号の確認
  • 携帯電話番号の確認
  • 自宅に本人確認のため担当者が友達を装い電話して実際にそこに住んでいるのか自宅の電話番号に偽りはないか等に30分
  • 最終的に民間の情報機関にて他社からの借入額や毎月の返済状況の確認の照合をしての審査に30分

の約1時間半で終わりました。

後は返済を繰り返すのみの人生

即日10万融資してもらい返済は毎月4000円、その後他社からの借入総額が200万にまで膨れあがったのでプロミスには一括で返済できず毎月の返済を続け完済までには5年かかりました。利用状況は上限10万でしたので後日別のATMで1度引き出したのみで増額することもなく後は返済を続けるのみでした。


▲ページトップに戻る